地盤の弱い部分にお勧めな舗装工事

Pocket

一般的な戸建て住宅や、アパート、マンションなどの敷地に関しては、既に舗装工事が行われている場合があります。そんな中、地盤の悪い場所に関しては、アスファルトやインターロッキング、レンガやタイルなどを用いて舗装工事を行っている場合では、歪みなどが直ぐに発生してしまうことも珍しくありません。そんな時にお勧めな舗装内容としては、コンクリートを用いることになります。アスファルトと比較した場合では、コンクリートは約5倍もの耐久性を持っているとも言われており、施工方法によってはかなりの耐久性を維持することが可能になります。特に地盤の悪い部分に対しては、最初に地面を深く掘り下げることがお勧めになります。掘り下げた穴の中には砂利等を入れることが必要になり、その上にコンクリートを流し込むことになります。基本的にはコンクリートの厚みが大きいほど耐久性のあるものを形成することができるために、施工前に高さなどを計算しておくことが求められています。コンクリートに舗装した場合では、水はけに関しては良好とは言えない部分があるために、状況によっては溝を掘ったり、排水溝に向けて傾斜を付けることもお勧めになります。施工後のメンテナンスに関しては、コンクリート用の補修剤が販売されているので、DIYの範囲でも十分に対応することができます。また、お洒落なタイルなどを表面に貼り付けることも比較的簡単に行うこともできるので、エクステリアに合わせたデザインに設定することが可能です。